「赤湯温泉保養所 むつみ荘」は、お気軽にご利用いただけます。

むつみ荘 - 山形県市町村職員共済組合 赤湯温泉保養所

よくある質問お問い合わせサイトマッププライバシーポリシーリンク
お部屋 施設案内 お料理 宿泊プラン(料金) 空室状況 日帰りプラン アクセス
ホーム > むつみ荘より

59e178d9-6228-4fbb-998c-3a00c0a8024c.png南陽のバラまつり

IMG_0491.jpg

米沢盆地を一望できる高台の双松公園にある双松バラ園。
広さ8,000平方メートルの園内には340種類、6,000本のバラが咲き誇る段丘のバラ園です。
「プリンセスアイコ」や「ゴールドマリー」など赤や白、ピンク、黄色と色彩豊かなバラが咲き誇り、見る方の心を和ませます。

ぜひ、足を運んでみてはいかがですか。


期間     6月上旬〜7月下旬
開園時間  午前9:00〜午後5:00

入園料:大人300円、小人100円、小学生未満無料
     団体割引(15名以上):大人250円、小人80円

〒999-2211 南陽市赤湯233-1 ご予約はお電話にて Tel.0238-43-3035

赤湯温泉の由来

 湯治湯として古い歴史を誇る赤湯温泉は、寛治7年(1093年)奥州統一を担った源義家が戦をしていた時、同行していた弟義綱に発見されたと伝えられる、開湯900年余年を経た歴史ある温泉です。
 以来、伊達領時代を経て上杉領となり、米沢藩時代には、殿様が入る箱湯として保護されるとともに、藩公認の遊興の場所として栄えました。
  奥州街道の宿場町として栄えた湯仙郷の面影、湯治場時代の細やかな人情がいまもなおいきつづける湯の街です。

赤湯温泉HPより

リンク


県市町村職員共済組合保養所「うしお荘」


全国市町村職員共済組合連合会「旅と宿」


戦国観光やまがた情報局


赤湯温泉

ページの先頭へ
COPYRIGHT(C)2008 MUTSUMISOU ALL RIGHTS RESERVED.